DONIGOGO SHOP

DONIGOGO アイテム 販売中

SHOP はこちら
PR

Jリーガー4年目 怪我の克服

スポンサーリンク
サッカー人生

3年目はシーズン通して4試合しか出れず

チームの末端に立ち位置をとって

心も身体もボロボロになったシーズン

4シーズン目はDONIをサッカー選手として活動させてくれ、3シーズンYSCCの指揮をとったシュタルフ監督が交代し

初めての違う監督でのスタート

まずは離脱しない事を念頭に置き

チャンスを与えてくれたチームのために

と意気込む

人生初の開幕戦

2019 途中から入団

2020 前十字靭帯2回目

2021 肉離れ

とここまで3年間開幕戦は常にベンチ外で試合を眺める選手

4シーズン目にして初めて開幕戦のメンバーに名を連ねるのである

どの試合も重要度は高いが

開幕戦のあの感じは1番好きだ

こっから始まるのか

高揚感となんて言うんだろう

とにかくワクワクドキドキムキムキプニプニ

個人としては良さそうなスタートを切ったものの

チームはダメダメで

リーグ戦未勝利

天皇杯神奈川県予選で大学生に負け

初のシーズン中の監督交代

仲田健二監督→星川敬監督

この監督交代はDONIにとっては+に働いた

このシーズンは怪我なしの計28試合出場

過去最高出場数を更新

2019 11試合

2020 16試合

2021 4試合(3年目えぐい)

2022 28試合

試合数こそは多かったが目に見える結果を残すことができずとりあえず試合に絡んでるね

と言う印象

敬さん(監督)にもデビュー戦以来ゴールがないわけだから

何かを変えないと変われないぞ

と言われるが意識的に何かを変えようとしても何を変えれば良いかわからず

結局そのシーズンは0得点のまま終わってしまう

DONIはデビュー戦で復活風のゴールを挙げてから

4年もゴールネットをゆらせていない

W杯よりも頻度が少ないし

チームメイトのディフェンダーよりも少ないし

情けない数字

Jリーガーで生き残る前線の選手は目に見える数字が必要な選手たち

結果が出せなくなり序列を徐々に落としていくことになる

使ってもらってるうちに結果が必要

徐々に出場機会を失って出れなくなる

頭をよぎるがそれとは裏腹に結果が出ない

どないすればええねん!

と悩みに悩みまくったシーズン

初めてのボランチ起用や、コロナにかかったり笑

それでも試合数は多く充実してる風シーズンは終わります

前十字靭帯を切って

切ったあとは怪我をしやすい体になる

その怪我しやすい体が1年間全く怪我をせずに戦えたシーズンだった

要因はYSCCが提携している亀田病院内にある

亀田メディカルフィットネスというジム

乱れた身体のバランスを整えて怪我しない体を作ってくれた

5シーズン目の終盤にメニューが物足りないという理由で

退会するまでは怪我なしだったわけだから退会して前十字靭帯を切ってしまうのはなんとも言えない

とりあえず4年目は

怪我を1年通してしなくなり、最大試合数を更新して

数字こそは出なかったが充実したシーズンで

来季はより数字にこだわったシーズンにしようと意気込み

試合にたくさんでるシーズンは充実感があるなーとウキウキになったシーズン

ここまで読んでくださりありがとうございました

次回は5年目のシーズン

ではまた

サッカー人生
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
DONIGOGODONIをフォローしてくださいな
スポンサーリンク
DONIGOGO

コメント