DONIGOGO SHOP

DONIGOGO アイテム 販売中

SHOP はこちら
PR

華の高校時代

スポンサーリンク
サッカー人生
今でも『日藤の、、、」と話しかけられることが多い10年経った今でも名前後廃れない男は高校3年間で何があったのか

記事を時系列通りに見ていただくとすごくわかりやすいのでぜひDONIのサッカー人生は順に見ていってください!

中学3年間で自己中王様になった

監督に何やっても怒られない環境にいて

県の選抜メンバーに入って

自分の好きなようにプレーして(選抜時はちょっと型にはまる)

県選抜に入って周りはJ下部しかいなくて

「最初はこの人たちすごいんだろうな」から始まったはずのチームで10番背負って試合に出て

そりゃ天狗自己中王様になるでしょ(天狗←NEW!!)

天狗になってしまったのは間違いなく良くない

王様になってはいけないというのも気づかない

それは大きくなってからしか気づかない

というか気付けない

気づかない設定になっている

多分これは生まれた時の初期設定だ

変更すればよかった

その時はそれでも良いんだ

試合に出れば結果を出せる自信があるから

DONIはいろんな高校から呼ばれた。

正しくは呼ばれまくった

入る気もない高校の練習参加に行ったり、とにかくチヤホヤされたい性格だ

これが人生の最大の欠点であることが後々わかる

王はどこでも行けたが自転車で通える日大藤沢に入学

最後の決め手は、監督の熱い想いと自転車通学

DONIの入学したときはグラウンドは土だし環境は今と比べるとはるかに劣る

強さで言っても今でこそ全国常連みたいになっているが

桐蔭・桐光の2強

目指せ神奈川ベスト4!みたいな感じ

入学からすぐサッカーは順調

朝っぱら(6時)から応援練習をする他の1年生とは違いゆっくりと登校

試合に合わせた時間に行くだけ

また「王様ポイント」がたまる

王様は王冠を外さなくても良いのだ

王様はサッカー上手いから他は黙っておけ

と中学生の頃のように振る舞うのである

と書きたかったが実際のところ私生活の部分は順調ではない。

若いでしょ 2年生DONI イモくさレベル800億

王様が王様でいられない私生活

DONIの時代は上下関係がだるい

いきってるのが多い

挨拶の際は頭を下げ「ブリ声」

読んでる人は絶対わからないワードの声出しで挨拶をしなければならないというルールがある

先輩が部室の前を通るたびに「お疲れ様です!」とブリ声で挨拶

ブリ声ってなんやねん

※簡単にいうと思いっきり叫ぶこと

これはまあ迷惑で学校行事の時とかで外で先輩に会ってしまうとブリ声(校舎内は免除)

「おはようございます」or「こんにちわ」or「お疲れ様です」を喉が枯れるくらいの声で叫ばないとならない

外でどれだけ先輩にあわないようにするのかという戦いが繰り広げられていたのだ

サッカー部以外の生徒は本当に怖かったんじゃないかと思うよ本当に

考えたやつ出てこいよ

他にも「ブリ声テスト」があった

ある日の昼休みグラウンドの真ん中に立たされる

1人ずつ校歌を歌う

声の大きさで合格とかそういう系があった

まず校歌なんて覚えてへんねん

ほんでそういう先輩ぶりたいやつは大抵下のカテゴリーのやつだ

わざと何回も部室の前を通ってブリ声挨拶をされたいサッカー下手くそな先輩が歩き回る

わざと足音立てて気づかせるやつも

そいつらの言い分

「俺らもやられたんだぞ」or「俺らの時はもっとやばかったからな」です

黙れサッカー下手くそ

と言おうものならAチームの人を味方にして1年生をいびるサッカー下手くそ先輩達

本当に憂鬱だった

サッカー下手な奴らなんだもん

遅刻や声が小さい、ボール磨きが甘いなど色々と理由をつけて坊主にさせようとしてくるサッカー下手くそ先輩達

心の中に留めて声を枯らす毎日

王様には耐え難いものであった

ある日先輩の部室に呼ばれてしばかれた

理由はわからん

確か挨拶小さいとか、先輩を無視したとかわからんけど1年から試合に絡む王様に嫉妬したに違いない

「舐めてんの?」の返答に「舐めてました」と言ってしばかれたの今でも覚えている

本当に舐めていたわけではないが

先輩「舐めてんの?」

D「舐めてないです」

先輩「舐めてんの?」

D「舐めてないです」がずっと続いてそう答えるしかなかったのが本音だ

それでどやされるとか理不尽極まりない

大泣きして帰った王様の背中はとても小さかった

王様は初めてサッカー辞めたいと思ったのである

サッカー辞めたいというより、学校行きたくない

今では笑い話にできるがあんなに学校に行きたくないと思ったことはそれ以来ない

(国士舘編はもっと怖かった また後日)

今は無き上下関係

無くしたのはDONIたちの代

『俺らがやられて嫌だったことやるの違うよね!』

みんなで話し合い

その悪しき文化を消して全員がサッカーに集中できる環境を作ろう!

みんなで決めたのである

そう言いたいところだが、人間はそんなにうまくできていないものである

「やられたら、やるしかないのだ」

自分達がやられた以上に、、、

「俺らの時はもっとやばかったんだぞ」とは言わせない

超えれない理不尽をかましてやる

意気込んでやったがそれが問題となり悪しき文化が消え去った

俺らはこんなにやられたのに、ちょっとしかできなかったが本音

何をやったかはぜひ紹介したいが紹介するとなんか良くない気がする

怖いとか、危ないではなく汚いワードが飛び交うから伏せておくが王様は後ろの方で笑っていただけだからぎり加害者側ではない。かな笑

加害者の1人は今学校の先生をやっているのが最高におもろいオチ

待って

サッカーの話全然してないじゃん

そのくらい私生活で話したいことが多いのだ

今でも会うとそこらへんの話の方が盛り上がって選手権の話とかそういう話は全くないのがおもろい。

サッカーの話しようか

充実してそうなDONIの王様気質

とりあえず1、2年生はほとんど試合に出た

応援なんてしたことない

応援歌なんて覚えてない

自己中王様DONIは健在というところ

写真でわかる

顔イキリすぎ

しかし3年生の時はうまくいかなかった

というかこの王様気質が裏目に出たのだ

ある週DONIは累積で試合に絡めなかった

試合に絡めないということは適当にやるのが王様で、それを監督は見抜いた(佐藤輝勝)

監督「やる気がないならやるな」

DONI「やる気なくねーよ」(超絶小声で言ったつもりであった)

しかし聞こえていた

そのほかにもなんか言い合った気がするが割愛

とりあえず怒られた

かなり

そして試合に出れなくなった

↑これ読めば全部わかるかな

その日から

  • 約1ヶ月毎朝100m往復ダッシュ20本
  • クーパー毎日
  • 毎日交換ノート

7月下旬から8月終わりまで毎日こなした。

チームとしてクーパーを走る時はDONIは2本走る

いかついメニューだ

慣れすぎて8月下旬にはドリブルしながら走ったこともある

慣れは怖いものだ

※クーパー走 12分間で3200m走ること

口答えしたあの日から出ても途中出場

公式戦ちょっとしか出てない人はその後の練習試合

そんな試合出たくないとまたコーチと揉め

すぐ変えられて

問題児風だったが自分では自覚していなかった

感情のままに、やりたいように生きる生き方しか学んでいないのだから

それは選手権神奈川県予選決勝まで続く

毎試合途中からふてぶてしい選手が入ってくる

ふてぶてしいDONIは桐光学園戦も途中から入る

神奈川県3連覇の阻止は王様DONIによるものだ

(桐蔭・桐光はそん時強かった気がする)

そんな感じで7年ぶりの神奈川制覇。

選手権本戦で半年ぶりくらいにスタメンで出てそこから3試合連続ゴールと王様っぷりを久しぶりに発揮して全国3位

それが良くなかった

王様が王様になりすぎてしまったのである

なんでもできた

自分で言うのはおかしいが、本当になんでもできた

それくらい王様DONIはすごかったのだ

しかし王様は一線超えてはならない

特に育成年代では

高校サッカーは持ち上げられすぎる

必要以上に

レベルで言うとトップトップはそこそこだが下の方はJのユースなどと比べると凄まじい差である

それなのに弱い相手をボコして鼻を伸ばし

天狗になり

王冠を頭にいくつものせ

王冠を抱えきれないほど持つとバランスを崩してしまうのだ

王様の振る舞いをし続けてしまったDONIはここからなかなか抜け出せなくなる

どこに行っても声をかけられ、毎日のように取材、SNSの総フォロワーは20000近くまで行く、DMは山積み、多方面からいろんな誘いが来る。

有名人気分(その時TICTOKあったらちょんまげ小僧くらいバズってたに違いない)

しかし有名人気取りでしかない

チヤホヤされたい性格にこれは美味しすぎる

王冠はよくない

王様気分になってしまい自分が大きく見えてしまう

周りからもそう見える

実際はそんなに大きくない

そして王様になったことがあるやつは少ないと思うからこの感情はわからないと思うが

王冠は手放したくない

ずっと持っていたい 

王様で居たい

頭の上に王冠がないと不安な気持ちになってしまうのだ

王冠をかぶるためにするのは過去の栄光を語ること

努力をしなくなる

世の中は努力ではなく実績

知って貰えば王冠が一定期間もらえる仕組みになっているのだ

王冠に例えていて読み手があんまりわかってないかも知れないからいうけど

プライドが高くなってしまったということ

異常なほどに

元々かなり高かったけど、中高の6年間で数十倍に

いや

数十億倍に

王様は王様のまま名門『国士舘大学』に進むのである

王様の王冠が取れる国士舘編をお楽しみに

面白かったらぜひ拡散のほどよろしくお願いいたします!

コメント